体育・スポーツ2.0 研究で体育・スポーツ界の「常識」をアップデートする!

本ブログの目的は,体育・スポーツ界の「常識」をアップデートすることである.方法は,研究を用いる.結果は,まだ明らかではないが,今後明らかになると考察される.

体育・スポーツ2.0/自己紹介

こんにちは.

KEISUKEです.

私が何者かというと,とある大学で体育・スポーツ科学を研究している大学院生です.

 

このブログは,

体育・スポーツ界の「常識」をアップデートしていくこと

を目的として開設しました.

現在の日本の体育・スポーツ界には,これまでの長い歴史の中で先人たちの「経験」によって築き上げられた指導・コーチング法などが「常識」として残っており,指導・コーチング現場では,その「常識」が当たり前のように用いられています.


しかし,全ての「常識」が科学的に正しい訳ではなく,最新の研究によって「効果がない」,または「逆効果」と証明されたものもあります(これらについては,今後ブログで取り上げたいと思っています).

また,科学的に検討されていない「常識」も沢山残っています.

私は,日本の体育・スポーツ界を発展させるためには,指導・コーチング現場の「常識」研究によって科学的に検討し,その結果を指導・コーチング現場に還元していく必要があると考えています.

しかし,指導・コーチング現場と研究の距離がまだまだ遠いのが日本の体育・スポーツ界の現状です.

研究の結果をアウトプットする方法には主に2つあります.

① 論文を書く

② 学会で発表する

の2つです.

 

しかし,これらの方法は研究者には届いても,実際に現場で体育・スポーツをしている人,体育・スポーツを指導・コーチングしている人には届いていないのが現状です.


では,どうすればいいのか?

やはり,気軽に誰でも見ることができるのが重要なのではないかと思い,このブログを開設しました.

 

私はスポーツ科学を研究する者として,普段から多くの論文を読み,研究・実験を行っています.それらによってインプットされる知識を,このブログを使ってアウトプットしていこうと考えています. 

 

 

さて,最後にこのブログのタイトルですが,

「常識」をアップデートするということで,

体育・スポーツ 2.0

としました.

f:id:KeisukeIwama:20181005194411p:plain

体育・スポーツ2.0

 

2.0 とは? 

web2.0、Docomo2.0に代表されるように、 レガシーシステムに対して、新しいムーブメントの動き、または、その状態

ただし、「視力2.0」だけは意味合いが異なる

2.0とは - はてなキーワード - はてなダイアリー より引用

 

この頃のベストセラーに,「お金2.0」なんて本もありましたね.

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

要するに...

流行りに乗って真似しただけです.(笑)

 

何はともあれ,「常識」をアップデートしたい方は,今後の投稿に注目していただけたら幸いです.

ブログも始めたばかりで,わかりにくい点も多いかとは思いますが,それも今後アップデートしていきます.

これから,よろしくお願いします!