体育・スポーツ2.0 研究で体育・スポーツ界の「常識」をアップデートする!

本ブログの目的は,体育・スポーツ界の「常識」をアップデートすることである.方法は,研究を用いる.結果は,まだ明らかではないが,今後明らかになると考察される.

これぞ「文武両道」/知ってほしい

現役のトップアスリートでありながら修士号を取得 

number.bunshun.jp

サッカーイタリア代表のジョルジョ・キエッリーニ選手の記事を読んで,非常に興味深かったので紹介したいと思います.

f:id:KeisukeIwama:20181124000023j:plain

キエッリーニ選手は,現役のイタリア代表選手,また普段はユヴェントスFCのキャプテンというトップアスリートでありながら2017年にトリノ大学で修士号(経営学)を取得しています.

キエッリーニは2017年4月に修士号を取得した文武両道の体現者なのだ。

大学で経済学と経営学の学士号を取得後、社会人向けの大学院へと進み、オンライン中心の授業を受けながら、32歳にして経営学のマスターコースを修了する。

キエッリーニが代表100試合到達。知性と野性を併せ持つ“ドクター”。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

現役バリバリのトップアスリートでありながら,試合や練習の間に学び続け修士号を取得したようです.  

遠征中や試合前の時間にも、こつこつ学び続けてきたと振り返る。そもそも運動強度の高いサッカーは長時間続けられない。空き時間はたっぷりあるので、学問との両立は十分可能だとキエッリーニは主張する。

修士論文のテーマは「ユベントスフットボールクラブのビジネスモデル」について。レアル・マドリーやFCポルトなどヨーロッパの他のトップクラブを比較対象としながら、ユベントスの「ブランドのプロモーションや人的資源のマネジメントがクラブの財政面とスポーツ面にもたらすインパクト」について論述したそうだ。

キエッリーニが極めて優秀な成績で卒業したトリノ大学は、イタリアでも十指に数えられる名門校。メディアからは「ドットーレ(ドクター)・キエッリーニ」と呼ばれもする。

意外だという感想を持った読者は、少なくないかもしれない。実際、ピッチ上のキエッリーニは明らかに武闘派であり、粗暴なイメージの方がはるかに強い。

キエッリーニが代表100試合到達。知性と野性を併せ持つ“ドクター”。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

 

これぞ「文武両道」

近頃日本でも,現役引退後に大学に戻って学位を取得するアスリートはいますが,現役を続けながら学位も取得するというのはほとんど聞きません.

www.sankei.com

現役のアスリートでありながら,学び続ける.

これぞ「文武両道」だと思い,非常に感銘を受けました.

 

キエッリーニ選手はこんなことを言っています.

「勉強は人生でもフットボールでも僕を助けてくれた。試合前にも学問と向き合っていたおかげで、試合に臨む直前の緊張から解放されていた」

キエッリーニが代表100試合到達。知性と野性を併せ持つ“ドクター”。 - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

学ぶことで,サッカーのプレーにも良い影響があるようです.

 

最後まで拙い文章を読んでいただき,ありがとうございました.

本ブログでは,定期的に体育・スポーツに対する考え方をアップデートするようなテーマの記事や体育・スポーツに関する最新のニュースを取り上げています.

記事の下にある「読者になる」ボタンを押して,

一緒に体育・スポーツをアップデートしましょう!