体育・スポーツ2.0 研究で体育・スポーツ界の「常識」をアップデートする!

本ブログの目的は,体育・スポーツ界の「常識」をアップデートすることである.方法は,研究を用いる.結果は,まだ明らかではないが,今後明らかになると考察される.

ソフトボールってどんなスポーツか知ってますか?/知ってほしい

ソフトボールってどういうスポーツか知ってますか?

 ソフトボールってどういうスポーツか知ってますか?

f:id:KeisukeIwama:20181116225935p:plain

課題の投手陣、上野由岐子が認めた選手 ソフトボール - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

 

「野球が小さくなったもの」

「野球と違うのは,投手が腕を大きく回して投げるところ」

etc.

 

多くの人が「野球」と比較することで,ソフトボールを表現します.

言葉は悪いですが,野球の劣化版だと思っている人も...

 

ただ実際にソフトボールをやってみたり,生でプレーを観てみるとソフトボールと野球は似て非なるものであることがわかると思います.

 

ソフトボールと野球の大きな違い

特に大きな違いは,グラウンドの大きさ投手の投げ方です.

 

グラウンドは,野球の約2/3です

【塁間】ソフトボール:18.29m ⇔ 野球:27.431m

【投-捕間】ソフトボール:13.11m ⇔ 野球:18.44m

 

ソフトボールはこの短い距離を投手がウインドミル投法と呼ばれる,腕を大きく1周回すような投げ方でボールを投じます.

 

www.youtube.com

 

そのボールは,女子のトップ選手で100km/hを超えます.

その体感速度は,野球に換算すると140km/h以上です.

また,日本代表の上野由岐子選手最速121km/hを記録しています.

こちらは野球に換算すると,170km/h以上です!

 

また,野球のボールは,オーバースローの投手の場合決してボールがリリース位置から捕手に到達するまで上昇することはありません.

 

ただ,ソフトボールの場合,マウンドの高さがなく,リリース位置が低いため,捕手に到達するときリリース位置よりボールが上昇することがあります.

それが「ライズボール」という,ソフトボール特有の変化球です..

www.youtube.com

つまり,ソフトボールの場合,ボールを上下左右に変化させることができるのです. 

 

ソフトボールとオリンピック

そんなソフトボール,日本はかなりの強豪国です.

f:id:KeisukeIwama:20181203223828p:plain

ランキング - WBSC

女子は世界ランキング2位,男子は世界ランキング3位です.

 

女子のソフトボールは2008年の北京オリンピックで,金メダルを獲得しています.

www.youtube.com

その後,オリンピックの正式種目から外れたソフトボールですが,2020年の東京オリンピックから正式種目に復活しました.

 

ソフトボール×研究

そんなソフトボールですが,野球に比べて研究が非常に少ないのが現状です.

Google Scholarで検索してみると,

「baseball」が348000件,「野球」が17400件ヒットするのに対して,

f:id:KeisukeIwama:20181203230506p:plain

f:id:KeisukeIwama:20181203230447p:plain

「softball」が39400件,「ソフトボール」はたったの4470件しかヒットしません.

f:id:KeisukeIwama:20181203230533p:plain

f:id:KeisukeIwama:20181203230521p:plain

研究では,野球にかなりの遅れをとっているのが現状です.

 

実は先日,日本野球科学研究会 第6回大会が行われました.

baseball-science-tsukuba.jp

研究者だけでなく.プロ野球選手,学校の指導者,高校生などさまざまなカテゴリの方々が,野球・ソフトボールという共通点で集まり,熱心に勉強・研究されていました.

full-count.jp

実はそこで私自身も,ソフトボールの研究を発表してきました. 

ソフトボールの研究はまだまだ少なかったですが,これから野球だけでなくソフトボールの研究も盛り上がっていけばいいなと思った2日間でした.

 

最後まで拙い文章を読んでいただき,ありがとうございました.

本ブログでは,定期的に体育・スポーツに対する考え方をアップデートするようなテーマの記事や体育・スポーツに関する最新のニュースを取り上げています.

記事の下にある「読者になる」ボタンを押して,

一緒に体育・スポーツをアップデートしましょう!