体育・スポーツ2.0 研究で体育・スポーツ界の「常識」をアップデートする!

本ブログの目的は,体育・スポーツ界の「常識」をアップデートすることである.方法は,研究を用いる.結果は,まだ明らかではないが,今後明らかになると考察される.

Twitterで減量・ダイエットしませんか?/論文解説

今日,減量(ダイエット)の論文を探しながら読んでいたら,面白い論文をみつけました!

f:id:KeisukeIwama:20181021210036p:plain

"Weight loss social support in 140 characters or less: use of an online social network in a remotely delivered weight loss intervention"

academic.oup.com

(日本語訳)

「140文字以下の減量におけるソーシャルサポート:

減量介入における遠隔からのオンラインソーシャルネットワークの利用」

 

140文字以下のオンラインソーシャルネットワーク???

そう!Twitterです.

 

この論文は,

Twitterを利用することで減量にどのような影響があるか

を明らかにした論文です.

 

Twitter × 減量

少し興味を惹かれませんか?(私だけですかね?笑)

今日はこの論文を解説します!

 

以下,Abstract(概要)です.

f:id:KeisukeIwama:20181021182245p:plain

 

Abstructを日本語に訳してみると,

 

SNSが減量の助けになるかどうかは,これまでほとんど明らかになっていない.

本研究では,減量介入において,どのような種類のオンラインソーシャル・サポート(Twitter)が利用されているのか,また,投稿と体重減少の関係について検討した.

ランダムにソーシャルネットワーク群に振り分けられた肥満の成人(47名)の6ヶ月間の介入中の体重減少,Twitterの利用,そしてソーシャルサポートの種類(情報のサポート,具体的な支援,自尊心のサポート,ネットワークサポート,情緒的なサポート)を調査し,さらにTwitterのコンテンツと投稿数なども検討した.

Twitterへの投稿数は,6ヶ月の体重減少(%)と関係がみられた(p <0.001).

介入初期の体重減少は,Twitterの利用度(p <0.01)から予測できるが,事前のTwitter利用や介入初期のTwitter利用との関連はみられなかった.

ほとんどのTwitterへの投稿(全投稿:2630)は,「情報的」(1981投稿;75 %)であり,主に「現状のアップデート」(1319投稿)という形で「指導(Teaching)」(1632投稿;62 %)に分類された.

Twitterの利用度は体重減少に関係し,対象者は主にTwitterを利用して,現状のアップデートを通じて情報の相互サポートをしていた.

(一部意訳しています.)

 

もう少し,詳しく説明すると,

この研究では,対象者を2群Podcast群 v.s. Podcast+mobile群)に分けました.両方の群には栄養や運動に関する情報を提供するPodcastが配信されました.2群で異なるのは,Podcast群は減量の進捗をノートに記録し,Podcast+moblie群は代わりにTwitterを利用しました.

  

その結果,両群で体重の減少(%)に差はなかった(Podcast群:-2.6±3.8 %,Podcast+mobile群:-2.6±3.5 %)のですが,

Podcast+mobile群を詳しく分析してみると,

Twitterを積極的に利用している人のほうが体重の減少(%)が大きかった

ことが明らかになりました.

具体的には,10Tweetで-0.5 %の体重減少という関係だったと報告しています.

 

また,どのようなTweetが多かったかというと,

情報的なTweetが多く,具体的には現状のアップデート(新たな発見や挑戦)などを他の人に教える(Teaching)ようなTweetが多かったと報告しています.

f:id:KeisukeIwama:20181021195715j:plain

(Tweetの詳細な分析をまとめた表)

論文では,実際のTweetも紹介していました.

それがこちら,

"I avoided eating a pastry this morning at a breakfast meeting! I did have a skim Mocha without whipped cream… not too bad."

(朝のミーティングでペイストリー(お菓子)を食べなかった! ホイップクリームなしの,スキムミルク(無脂肪乳)入りのモカを飲んだ…別に悪くなかった)

 

普通のTweetですね.笑

ただ,このTweetをみた他の対象者も私も試してみよう!と思うかもしれませんね!

 

この研究で言いたいのは,

Twitterを利用すれば痩せるということではありません.

言いたいのは(私の考察も加えると),

Twitterを利用することで,減量に関する新たな情報や感想をTweetから獲得することができる.

さらに,それらのTweetは実際にその方法を試した人の感想や進捗状況であることから,親近感などを抱きやすく自分でも試してみやすいことが自身の減量につながったのではないかと推察されます.

 

体重などは人に話しづらい話題なので,匿名で投稿できるというTwitterの仕様も利用しやすかった点なのかもしれません.

 

また,減量に関する正確な情報がPodcastで配信されていたのも,非常に重要だと考えています.

TwitterなどのSNSには不正確な情報も流れています.

Podcastの情報と照らし合わせることで,対象者は情報を取捨選択していた可能性もあります.

専門家の正確な情報を獲得できる環境に身を置くのも非常に重要だと思います!

(あくまでも,推測です...)

 

ちなみに,さきほどTwitterで「ダイエット」と検索したところ...

f:id:KeisukeIwama:20181021204809j:plain

1時間1550Tweetもつぶやかれていました!

みんな興味があり,すでにTwitterを利用してダイエットをしているのかもしれません.

twitter.com

 

みなさんも是非,Twitterを利用して減量・ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございます!